1ページから始めるホームページ

1ページ集中プランのご紹介

店舗や事業をスタートアップした方に人気なのがシンプルな1ページのホームぺージです。
また、個人の活動をまとめたポートフォリオサイトとしても活用していただけます。

自己紹介・営業活動の補助ツールとして1ページのホームページを活用

1ページで制作するホームページは、自己紹介・企業や店舗の基本的な情報を伝えるものです。
対面での営業活動の補助ツールとして運用しやすいホームページです。

自己紹介・作品公開ツールとしてSNSを活用している方も多いでしょう。
SNSは手軽で便利ですが、自分好みのデザインでは運営できませんよね。

自分をアピールするツールですから、好みのデザインで作りましょう!

1P集中プランで出来ること
  • ホームページを使った自己紹介・実績紹介
  • 店舗や会社の基本情報をまとめたページの制作
  • 特定商品の紹介
  • 問合せフォームの設置
こんな方にオススメです!
  • 個人のポートフォリオサイトを作りたい方
  • 自己紹介用ホームページとして使いたい方
  • 会社、店舗の基本情報を公開したい方
  • 制作費用をできるだけ予算を抑えたい方
このような方には向いていません

1ページのホームページは不特定多数の検索ユーザーからのアクセスには向いていません。

一般的なホームページやブログは、ユーザーからの検索に対する答えをページとして用意します。
そのため必然的にページも複数になります。
1ページで制作する場合は、答えになるページが1ページですから検索ユーザーに対して強いとは言えません。

1ページのホームぺージ場合、基本的には「店名」「企業名」の検索ユーザーが多くなります。
知名度の高い商品は商品名からの検索も考えられますが、他のライバルサイトが同じ商品を扱っている場合、情報量で不利になります。

1ページのホームページの活用は、ある程度の割切りが必要です。

1ページ集中プランの特徴

1.スクロールするだけで必要情報が読める

1ページで完結しているため、ユーザーはページ内をスクロールするだけで情報を読み取ることができます。
ポートフォリオサイトとして使う場合は、作品や実績を順番に見せることができますよね。

ページ移動ができない = 別ページに行く可能性がない ということなので、最後まで読んでいただける可能性が高まります。

モバイルサイトをスクロールして見る人

2.凝ったデザイン

デザインイメージ

1ページのサイトは集中的にデザイン効果を実装できるため、ユーザーに印象的なホームページとして見てもらえます。

例えば「パララックス効果」は印象的なデザイン手法ですが、これを複数ぺージで実装するとユーザーも疲れてしまいます。
1ページのサイトは「魅せるホームページ」として作ることができます。

パララックス効果とは?

パララックス効果(視差効果)とは、画面をスクロールした時に手前と背景のスクロール速度を変えることで奥行きや立体感を表現する手法です。当サイトのトップページでも採用しています。

3.導線が明確

1ページのホームページは、上から下まで読み進める流れを意識して制作します。

  • 商品の販売
  • 問合せフォームを設置
  • SNSのシェアボタンを設置

「ユーザーに最後にどうしてほしいか?」を1ページの流れで表現することができます。
ポートフォリオであれば、作品や実績の後に問合せなどの流れが考えられます。

商品の販売

制作実績

スウェーデン式ドッグマッサージ Libra

価格・機能のまとめ

  • 自己紹介、ポートフォリサイトオ向きの1ページで作るホームページ
  • オリジナルデザインで制作
  • スマートフォン、タブレット表示に対応
  • 問合せフォーム設定可能
  • ブログ機能は非対応
  • 原稿はお客様にご用意いただきます
  • 制作期間は2週間程度

1P集中プラン

価格(1ページ)

3万円
(税別)

自己紹介やポートフォリオに最適です。

TOP